車の手入れ!特に気をつけたいのがタイヤ周りです

何でもそうだと思いますが、長くしかもいつまでも綺麗に使おうとするなら、日頃の手入れでしょう。

特に車に限って言うなら、足回りです。たまに見かけますが、新車或いは高級外車でありながら、ホイールがブレーキパッドのカスで真っ黒

という車がありますが、あれは勿体ないですネ!

ボデイはまだピカピカなのに、ホイールだけの印象で車自体が古く見えてしまいます。それ程足回りは大事なんです。

ボデイだけ綺麗にしていても、それは近くから見ているから、「綺麗になった!」と自己満足するんでしょうが、車はむしろちょっと離れた位置から見ると、まず足回り、つまりホイールが綺麗かそうでないのかで、随分印象が変わるものなんです。

ところで、皆さん車は定期的に掃除すると思いますがどうでしょう?月一回の人、三か月に一回の人・・・・

人によると思いますが、ボデイから足回り、ヘッドライトまですべて掃除しますでしょうか?ちなみに私の場合は、全体を掃除するのは、半年に一回ぐらいかな・・?

勿論、天候にもよりますし、田舎道(舗装なし)を走ったりした時などは回数は増えますが・・そしてその間にホイール(特に前車輪)だけは、軽く拭くようにしております。

こうすることで全体が綺麗に見えるもんです。勿論、近くで見れば汚れているのはわかっちゃいますけど・・・?

前述しましたように、車は定期的に掃除していないと、汚れがこびりついてしまい、大変取りにくくなってしまいます。そうならない為にも定期的な掃除をお勧めします。

さて、ボデイ・ヘッドライトについては、また機会があればお話しするとして、今回はホイール掃除についてですが、基本的には昔の車と違い、今はアルミホイールです。昔はちょっと何かにぶつけてしまい、ガリ傷ができますと、そこが錆びてしまい、取ろうとしますと苦労したものです。

金ブラシを使い錆びを取るのに手間がかかりました。それに比べますと今の車はアルミホイールです。ガリ傷から錆びる事もありますが、大抵はブレーキパッドのカスが油とともにへばりつきます。

これも早め早めに掃除すれば問題ないんですが、前述の高級外車のように、いつまでも手入れしていませんと、サッと拭くだけでは取れなくなってしまいます。

そこで私が常に使っているのが「ピカール」です。

少量を古い布につけ、軽く拭きます。汚れのひどい所は多少強めに拭きます。

全体が取れたところで、次のタイヤへ行きます。こうして順番に拭いていきます。

そして拭き終わったら最初に戻り、今度はカラ拭きします。

(次つぎと回るのは、ピカールが乾くのを待つからです)この時の注意点です。私も失敗しましたが(この時はボデイ拭き)女房からタオルの古いのを出してもらったんですが、これに米粒が乾燥してこびり付いていたのを見逃したため、線傷がついてしまいました。

泣いても後の祭りです。くれぐれも布の点検をしっかりして下さい。ピカールは水をはじきますので、雨降りの時に走ってもボデイをコーティングしたように水玉が浮く感じで綺麗に見えます。

ちなみにこのピカールはヘッドライトにも効果的です。最初は「錆びを取る物」という感覚ですので、ガラスの表面に傷ができないか心配でしたが、全然大丈夫でした。ピッカピカです。町でヘッドライトが曇っている車を見かけることがありますが、あれで夜の走行時、用を足しているんでしょうか・・?

心配になります。最後に縁あって手に入れた車、

大事にいつまでも綺麗に乗りたいですネ!その為には労を惜しまず、車の掃除を定期的にしましょう!

そして頭に入れておいて頂きたいのは、ボデイ全体を磨くのは当然なんですが、特に足回り、アルミホイールを磨きましょう。

時間がない時なら、せめてホイールだけでも磨きましょう。きっとあなたの車を見た人が「綺麗!」って思う筈です。