シートヒーターのメリットを知って利用しよう

寒い時期に車乗車で快適に過ごす為のアイテムとして、シートヒーターは優れものであり、シートに暖房装置が装備されたものです。

仕組みは非常にシンプルであり、シート内に通電して発熱する電熱線が組み込まれたもので、体が温まるのが早いというメリットがあります。

車内を温めてくれるエアコンと比べても即効性が高く、特に乗車直後の寒さ対策にも有効であり、オープンカーではエアコンで温めるのが難しい為に標準装備に設定されていたり、オプションとして後付け可能なものもあります。

オープンカーを乗っていると外から見た方は寒く無いのかと感じる事が多いですが、屋根も付いておらずに室内全体を温められないですが、シートヒーターに座る事で人体を直で温めてくれる事からも寒く無いのです。

単純に温めてくれるだけではなく、温める事によって体の循環が良くなり、コリの緩和にも繋がるメリットがあり、特に車の運転が長時間続けば血液循環が悪化しますから、コリや疲労感の軽減の為にシートヒーターを使うのは有効と言えます。

乾燥を防いでくれる効果もあり、車はエアコンを狭い空間で効かせると乾燥促進に繋がり、直接温風が当たり続ける事で目の乾燥や喉の乾燥といったリスクもあるのです。

乾燥は免疫力を下げてしまい、風邪を引きやすくする要因ですから、車内エアコンだけに頼らずにシートヒートを活用するのは効果が高いと言えます。

最初から付いているオープンカータイプではなく、普通の車の場合は、シートヒーターを後付け出来ますから、後付けシートを探して利用するのも良いでしょう。

特に寒冷地に住んでいたり、寒冷地に頻繁に行くような方はエアコンと比べて手軽に温められるシートヒーターは重宝出来ますし、寒い時期のカーライフを快適にする為に試してみると、気に入って手放せなくなる方も多いです。

後付けが出来る場合もあれば出来ない場合もあり、車シート内部にヒーター箇所があるならば、シート全体交換する必要が出てくる事もあります。

シートカバー内側にヒーター箇所があるシートヒーターの場合は、後付け可能な例が多くなります。

燃費面にもメリットがあるように感じますが、エアコンを効かせて車内を温める場合、エンジンパワーをロスする事になるのですが、最近の車はエアコンを付けたり消したりによる燃費の差は極めて小さくなっている傾向にあるのです。

昔の車の場合はカーエアコンを付ければ劇的に燃費悪化に繋がったものですが、最近の車は効率化されており、エンジン熱活用によって暖房を行っている側面もあります。

ですからシートヒーター活用によって燃費が激的に良くなるというわけではなく、状況によっては殆ど変わらない車もありますが、車の運転を快適に出来るアイテムというのは間違い無いです。

最近では家の床に暖房機能が付いた床暖房がありますが、お尻や足腰といった下半身を温めていると、体は全体的に冷える事は無く、快適に過ごせる可能性が高いと言えます。

基本的に下半身は温まっていて、頭はクールにというのが理想ですが、車運転においてシートヒーターはそういった状態を作る事が出来て、特に女性の場合は乾燥は美容の大敵ですから、車内エアコンをガンガンかけて温めて乾燥を招くよりも、シートヒーターを利用した方が良いです。

シートヒーターのメリットを纏めると、エアコンよりも温まるのが早く、体に直接触れる事からも体が芯から温まりやすく、直接温風を浴びる事も無いですから乾燥リスクも無いと言えます。

健康面にも有効でり、単純に寒さ対策としても有益なシートヒーターは、車ライフの質を高める為にも効果が高く、一度試して見た上で導入判断するのも良いでしょう。
PR|撥水カーコーティング剤カーコーティング剤DIY用